子育て応援団ブログ

おでかけリポート/梅の花といももちで紀南の春を満喫

2021/2/16
地域リポーター

紀南地方に春の訪れを知らせてくれる風物詩といえば、梅の花といももち。
ぷっくりと膨らんだ白いつぼみを見ると、まだ肌寒い日があっても、春はもうそこまで来ていると感じられます。

今年は、新型コロナウイルス感染予防のため、南部梅林は休園ですが、この時季ならではの梅の花といももちを楽しんできました。

梅公園までの坂

少し急な坂道ですが、ゆっくり歩けば大丈夫。
梅公園までの道中でも、数種類の梅の花を楽しむことができます。
紅色の濃い梅の花は一番先に咲くようで、足早に散り始めた花びらが地面を彩っていました。

道しるべにもなる短歌を記した立て札があり、梅にまつわる歌を味わうことができます。
「歓迎 南部梅林」のゲートをくぐり抜けたら、梅公園までもう少しです。

南部梅林の梅公園

20分ほど歩いて、梅公園に到着。

木々の中を歩きつつ、里の方を見下ろすと、広がる梅畑のその先に青い海が望めます。
ベンチに腰を掛けて梅の花と海を眺めたり、蜜蜂の羽音に耳を澄ませたり、散る花びらに風を感じたり-。遊具などはありませんが、自然を堪能できる公園です。

休憩ができるあずまやがあるので、お弁当やおやつを持って来てゆっくりするのもいいですね。
公園横には、身体障害者用を含め6台の駐車スペースがありますが、道幅が狭いため車が対向するのは難しいです。可能であれば、坂道も楽しみつつ歩いて行くことをお勧めします。

季節限定、かたやまのいももち

南部梅林に行くと必ず立ち寄りたいお店が、梅公園に上がる「みかへり坂」にある「いももち本舗かたやま」さん。

さつま芋ともち米をつき合わせ、あんを包み、きな粉をまぶして作られています。
時間によっては行列ができていて、梅の花よりもいももち目当てのお客さんのほうが多いのかも、と思うほどです。

併設されている無料休憩所では、いももちと一緒に地域のコーヒー店によるオリジナルコーヒーも注文可能。いももちは、お土産としても喜ばれる一品です。

2021年の春はのんびりと

コロナ禍での休園は残念ですが、今年も変わらず梅の花といももちは楽しめます。
例年のにぎやかな雰囲気ではなく、のんびりとした春の訪れを感じることができるでしょう。
お散歩がてら、出掛けてみるのはいかがですか。

なお、梅林が休園のため、イベントなどの催し物はありません。また、臨時駐車場や梅公園内のトイレは使用できないので注意してください。車の駐車には、晩稲グラウンド駐車場が利用可能です。

【基本情報】
南部梅林梅公園
住所 和歌山県みなべ町晩稲(おしね)
問い合わせ先 みなべ観光協会
電話番号 0739-74-8787
ウェブサイト

いももち本舗かたやま
住所 和歌山県みなべ町晩稲1253
電話番号 0739-74-3232
営業時間 9:00~16:30(2021年1/31~2/28までの季節限定オープン)
FacebookInstagram

地域リポーター・福井 栄利子