熊野古道ギャラリー

霧の里 高原の四季

2020/6/18

標高が高い田辺市中辺路町高原は、四季を通じて霧が立ちこめる日が多くあります。特に冬の朝霧は、日の出とともに景色が刻々と変化します。初冬に霧が立ちこめるのは、前日に湿度が高く、気温がぐっと下がった快晴の朝。高原は東側に山があるため、朝日が差し込むのは午前7時半から8時ごろになります。

また、雨の日の風景もしっとりして、古道ならではの風情を感じます。