和歌山県内お出かけ情報

おこさまも大人もカラダと心を弾ませよう!
トランポリンサークル 前期
📅2024年04月14日(日)~09月01日(日)
🚩和歌山県立橋本体育館
1人1分交代制で自由にトランポリンを跳ぶ。トランポリンは、全身の筋肉を使うので、大きな運動効果が得られ、体幹やバランス感覚も鍛えられる。初めての人も、トランポリン講師がいるので安心。運動しやすい服装で参加し、靴下を持参。対象は幼児(4歳)以上。単発参加OK! いつからでもはじめられる。

陶芸が開拓した新しい表現の世界
土が開いた現代 革新するやきもの
📅2024年04月27日(土)~06月30日(日)
🚩和歌山県立近代美術館
20世紀後半の京都を中心に試みられた陶による多彩な表現は、現代日本の美術に大きな一角を占めている。同館コレクションから陶による造形の広がりを紹介。

小さな大宇宙 星の如く 小品のきらめき
コレクション展2024-春 特集:小さくていいもの、あります
📅2024年04月27日(土)~06月23日(日)
🚩和歌山県立近代美術館
コレクション展では、季節ごとに展示を替えながら、所蔵作品を中心に和歌山県ゆかりの作家を軸とした近現代美術のながれを展覧する。合わせて特集として、テーマに沿って作品を紹介する展示も行う。今季の特集展示では、小品だからこそできる冒険など、小さな作品のもつ大きな力を紹介する。

季節の移り変わりを感じよう!
【花・見ごろ】和歌山城内
📅2024年04月上旬~06月下旬
🚩和歌山城
桜の季節が終わると、和歌山公園各所で色とりどりの花が咲き始める。鶴の渓(別名「山吹渓」)で黄色いヤマブキ(4月初め~中旬)、二の丸跡園路沿いでボタン(4月中旬から)、南堀跡(外堀)でヒラドツツジ(4月末~5月初め)、そして西の丸広場の北側でサツキツツジ(5月中旬)を鑑賞することができる。また、6月上旬から下旬にかけて鶴の渓で大小合わせて約170本のアジサイが梅雨に合わせて見頃を迎える。

おやこいっしょにいっぱいあそぼう!
ファミリースポーツ教室 ~第1期~
📅2024年05月09日(木)~07月11日(木)
🚩和歌山県立橋本体育館
2歳から4歳の子どもとその保護者対象。就園前の子どもに家庭ではできないスポーツを経験させてみてはいかが。リズム体操、トランポリン、ボール運動、平均台、とびばこ、マット運動など、おやこでふれあいながら楽しめるプログラム。動きやすい服装で参加しよう。初めての人は無料体験もできる。まずは電話を。

ゆったりとした動きで筋力アップをめざそう
太極拳教室~入門編~
📅2024年05月15日(水)・05月29日(水)・06月19日(水)
🚩和歌山県立橋本体育館
太極拳とは、中国の伝統武術の1つ。伸びやかでゆったりとした動作が年配の人や、長年運動から離れていた人などの鍛練に適しているので、日本でも広く健康法として人気がある。『入門編』では、初めてクラスに参加する人を対象に、ゆっくり丁寧に指導する。上履き(体育館シューズ)持参。動きやすい服装で参加を。春から運動を始めたい方はこの機会に体験してみよう。

華やかな色合いと香りのバラにうっとり
【花・見ごろ】和歌山県植物公園緑花センターのバラ
📅2024年05月24日(金)~06月30日(日)
🚩和歌山県植物公園緑花センター
バラは庭園の王様。優雅な花容とすばらしい香りで人々をとりこにし、交配と改良により数多くの品種が作られている。和歌山県植物公園緑花センターでは、75品種350本のバラを楽しめる。華やかな色合いと香りで満たされたバラ園で、お姫様気分を味わってみてはいかが?

ピンク・紫・水色…色とりどりの紫陽花
【あじさい・見ごろ】恋し野の里あじさい園
📅2024年05月下旬~06月中旬
🚩恋し野の里あじさい園
恋野区には約5千株のあじさい園があり、梅雨の時季、淡いピンク、むらさき、水色の紫陽花が咲き誇り幻想的な世界が広がる。農村公園として整備され、ゆったりと園内をめぐることができる。園内には、桜・紅葉・山茶花・寒椿等も植えられているので、年間を通じて植物を楽しむことができる。

古刹に咲く1,000株のあじさい
【あじさい・見ごろ】仁平寺
📅2024年05月下旬~06月下旬
🚩仁平寺
仁平寺は、糸我町西の真砂谷にあり、もと真砂寺と呼ばれ、かつては七堂伽藍もあったが衰退し、仁平年間(1151~3年)に再興したもの。古刹であるが現在は無住で、本尊薬師如来座像(平安末期か鎌倉時代)や阿弥陀、観世音等の古色ある像を小堂に安置している。また、市指定文化財の兜跋毘沙門天像(鎌倉時代)がある。境内にはアジサイや白い藤の木が植えられており、見ごろにはしっとりとした情緒を醸し出す。

梅雨の緑花センターを彩るアジサイ
【花・見ごろ】和歌山県植物公園緑花センターのアジサイ
📅2024年06月01日(土)~06月30日(日)
🚩和歌山県植物公園緑花センター
緑花センターのあじさい園(3,000平米)では、約50品種、1,000株のアジサイを楽しめる。また、あじさい通りやあじさい広場等、園内各所でアジサイを鑑賞できる。

高台にある農園で梅もぎ
阪口農園 うめ狩り
📅2024年06月01日(土)~07月05日(金)
🚩阪口農園
阪口農園はかつらぎ町にある、梅の観光農園。新鮮な梅を自分で選び、その場で収穫することができる。

道の駅 くしがきの里近くの農園で梅狩り
頭根農園 うめ狩り
📅2024年06月01日(土)~07月05日(金)
🚩頭根農園
頭根農園はかつらぎ町にある、梅の観光農園。新鮮な梅を自分で選び、その場で収穫することができる。
大茅の輪を潜ってけがれを祓う
丹生都比売神社 大茅の輪設置
📅2024年06月01日(土)~06月30日(日)
🚩丹生都比売神社
心身を清め疫病を祓う、夏越大祓の大茅の輪が設置される。6月30日まで自由に潜ることができる。

熊野那智大社と青岸渡寺
特別展「聖地巡礼 -熊野と高野-」 第I期 那智山・那智瀧の神仏
📅2024年06月15日(土)~07月21日(日)
🚩和歌山県立博物館
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」登録20周年を記念した特別展を約9ヵ月・5期に分けて開催。熊野三山のうち、現在もなお唯一神仏習合の景観を今に留めている那智山(熊野那智大社と青岸渡寺)。そして、その信仰の象徴・源泉とも見られる那智瀧。熊野那智山に顕れた神仏、そこで執り行われる祭礼、信仰を広めた御師の活動などを通じて、熊野信仰の成り立ちと広がりについて展示する。
一年に一度、夏のお願い
淡嶋神社 たなばた祭
📅2024年06月15日(土)~07月07日(日)
🚩淡嶋神社
地域の子どもたちのために始められた「たなばた祭」。境内に置かれた短冊は誰でも自由に願い事を書いて笹に吊るすことができる。短冊は一人一枚で、テーブルにはペンも用意されている。笹飾りは7日16時まで受付、お祓いを受けた後に燃やされる。

高野町ならではが詰まった魅力的なイベント
報恩高野市(6月)
📅2024年06月21日(金)
🚩大師教会前
高野山でかつて街中に「高野市」という市が催され非常に賑わったといわれており、それにならい高野町の美味しい食べ物販売、高野町ならではの作品出展など、魅力的なイベントが催される。

苦労を分かち合い、祈りを込める
大数珠繰り祈願会(6月)
📅2024年06月21日(金)
🚩大師教会 大講堂
大きな数珠を廻しながら、身体健全・無病息災・家内安全・良縁成就などの願いを唱えるとともに日頃のご加護や恵みなどに報恩感謝する祈願会。ひと玉ひと玉を順に隣に送りながら、ひとりで何度も唱える苦労を大人数の力で分かち合いながら祈る。予約不要、当日受付。

野生ランや山野草の展示会
野生ラン展
📅2024年06月22日(土)~06月23日(日)
🚩和歌山県植物公園緑花センター
大岩チドリ、ナルコユリ、風ラン、カンアオイ、春蘭等50~150鉢を展示。また会場内では余剰品等を即売し、育て方の相談にも応じる。

みずみずしい桃をもぎ取って食べよう
名山農園 もも狩り
📅2024年06月22日(土)~08月26日(月)
🚩名山農園
名山農園はかつらぎ町にある、桃の観光農園。新鮮な桃をその場で収穫できる。要予約。

アジサイの手入れに困っていない?
アジサイの育て方教室
📅2024年06月23日(日)
🚩和歌山県植物公園緑花センター
アジサイの剪定方法を始め、あじさいの特徴や種類、年間の管理方法や殖やし方を、講義と実習を通して学べる教室。要事前申込。

歴史ある庭園の一角に咲くアジサイ
【あじさい・見ごろ】養翠園
📅2024年06月上旬~06月下旬
🚩養翠園
紀州徳川家10代藩主徳川治宝(はるとみ)によって造営された徳川中期の代表的武家庭園。池に海水を取り入れ、中国の西湖を模した造りとなっている。養翠園のあじさいは日本原産のヤマアジサイ・ガクアジサイで「あじさい小路」と名付けた一角に咲き誇り、この時期のみ通ることができる。美しい庭園の景色と合わせて堪能しよう。

日本一のアジサイ園を目指す加太の森林公園
【あじさい・見ごろ】和歌山市森林公園
📅2024年06月上旬~06月下旬
🚩和歌山市森林公園
毎年の植樹祭を恒例とし、地元の方々が大切に育ててきた。見頃は6月の梅雨入り。ハイキングコースもあり、山頂からは海が望める。この森林公園は、リアルな巨大恐竜公園としても有名。2020年には、和歌山市観光大使であるHYDE氏があじさい(学名:Hydrangea)を植樹した。

鶴の渓でみられる梅雨時期のアジサイ
【あじさい・見ごろ】和歌山城
📅2024年06月上旬~06月下旬
🚩和歌山城(鶴の渓)
和歌山城では春先の桜をはじめ時期折々の花をみることができる。6月は梅雨時期の象徴でもあるアジサイが和歌山城の西側に位置する鶴の渓に花を咲かせる。天気のいい日にみるアジサイはもちろんのこと、小雨の日のアジサイも風情があっていいもの。

清流真国川にホタルが飛び交う
細野渓流キャンプ場 ホタル鑑賞
📅2024年06月上旬~06月中旬
🚩細野渓流キャンプ場
細野渓流キャンプ場近くの清流真国川沿いで、ゲンジホタルの乱舞を見ることができる。

真土の風景をバックに美しいハスが咲く
【花・見ごろ】万葉の里のハス
📅2024年06月下旬~07月下旬
🚩万葉の里
隅田町・真土にある「万葉の里」では、ハスの花が咲く様子を見られる。ハスは清浄の象徴として、洋の東西を問わず、古今を通じて尊ばれてきた。ハスの花が、青空と真土の風景をバックに、泥中から凛と花づく様子をのんびりと眺めてみよう。
BACK